BLOG

ヘナやインディゴで染めた髪を明るくするには?

ヘナをしている髪はヘアカラーで明るく出来るのか?

先ず結論から言うと
ヘナ単品染めの方は
明るく出来ます。
(ただしヘナの色味は残りやすい)

インディゴなどが入っていると難しくなります。


今日はヘナをずっとしている人が
もっと明るくしたいといった場合の
スウでのやり方の一例をご紹介してみます。

今回はメンテナンスカットも兼ねて
スタッフの祐実ちゃんがモデルです。
before
front
side
back
祐実ちゃんはヘナ単品をずっとしているのですが。
ほとんど黒髪の為それほど明るくはならず、
ほぼ地毛の色です。

少しある白い髪がオレンジ色に染まっているのと
黒髪にもヘナが乗るとほんの若干オレンジ味が感じられて
少しだけ明るさが出ますが、
地毛の色がうっすら明るくなったかな?
という感じの色です。

ヘナをしている髪は白い髪や茶色い髪など
明るい髪に乗せるとオレンジが見えますが
黒髪にはほとんど見えません。

髪を画用紙と考えて
白い画用紙にオレンジの絵具をのせた場合と
黒い画用紙にオレンジの絵具をのせた場合の違い
と考えてもらえると分かりやすいと思います。

しかし黒い髪は色がほとんどそのままだからといっても
ヘナのオレンジは入っているので
トーンアップの時はそれを考慮しなければなりません。

ではどうするのか?
 

ブリーチ剤を使います

ヘナしている髪をトーンアップしていくと
オレンジ味が残ったトーンアップになる場合があります。

ヘナがどれ位髪に繰り返し入ったかにもよりますが
ブリーチ剤を使っていくと
オレンジ味を残しながら明るくなっていきます。

ブリーチを2回したり
1回でもある時点を越えるとオレンジも抜けて
黄色っぽく色を抜くことも可能ですが
ここでは敢えて無理をせず
そのオレンジ味が残ったトーンアップを狙います。

なのでヘアカラーなどで色味は加えずに
ブリーチ剤でトーンアップします。

ブリーチ単品ではなく、緩やかにトーンアップするように
少し減力させる薬を混ぜてトーンアップ。

全体を染めるのではなく
部分的にホイル(銀紙)を使って染めます。

今回はホイル以外の部分は
少しある白い髪もカバーするのも兼ねて
またヘナで染めました。

仕上がりはこんな感じです。
良い感じになりましたね♪

自然な感じでトーンアップ出来て
beforeの少し重い印象が解消されたと思います。

全体を明るくしなくても
部分的に明るい色が入るだけで
十分トーンアップして明るい印象になります。

そして髪の動きや束感が強調されるので
より軽やかにみえるし
ブリーチによる傷みも最小限で抑えられるので
一石三鳥くらいになっておすすめです。

before→after
ビフォアアフターでの違い分かりましたでしょうか?

今回ハイライトにする部分を
かなり細い束で出るように細かくとっているのと
ヘナ毛がオレンジ味が残るのを利用して
敢えてブリーチ力を抑えているので
より自然で柔らかいトーンアップになったと思います。

もっと明るさを出したり
束を太く出るようにすれば
よりコントラストが出てエッジの効いたデザインも可能です。

祐実ちゃんはどちらもいけて似合いそうですが
これ位でも柔らかくオシャレ感が出て
良い感じだと思います♪

どこに色が入ったのか分かりづらいという方の為に
今回ペイントのアプリを初めて使ってみました(´ω`)
どうでしょう?

いらなかったですかね?笑

部分的に染めているよ
っ事が伝わってくれればと思って初の試みをしてみました(*^^*)

ヘナ単品で染めてる方はこんな感じです。

ではインディゴが入っている髪は?

インディゴが入ってる髪は明るくなるのか?

結論から言うとヘナ単品染めの方のように
思ったようには明るくなりづらいです。

ただしインディゴ単品ではなくヘナと混ぜてミックスで染めている方。
ヘナとインディゴの2回染めをされている方。

そんな方もトーンアップの時にはブリーチを使います。
その時はブリーチはあまり減力せずにいきます。

ブリーチ単品でも
インディゴが繰り返し入ってしまっている髪は
ほとんど明るくならない場合が多いです。

ただミックス染めやたまに2回染めという方で
毛先インディゴを繰り返し入れていない方は
明るくする事も可能ではあります。

ただどれ位明るくなるかは
どれ位毛先に残留しているかの見極めが難しいため
あまりおすすめはしません。

しかし何となく明るくしたい位の感じでしたら
今回ご紹介したホイルワークで
ハイライトを入れるように染めたりするのがおすすめです。

ただし履歴が不明の場合
むらになる可能性が高いので
新規の人はお断りしてしいて
スウでヘナをしている人に限ります。

 

まとめ

まとめると
ヘナやインディゴとのミックス染めをされている方。

黒髪に対して白い髪が良い感じに多いと
ヘナが今回ご紹介メッシュ状に染まり
ハイライトのようになって明るい印象にもなります。

ただそうじゃない場合
ずっと同じ色でつまらない。、飽きてしまうなど
そういう方に今回のような染め方をオススメしています。

ヘナだけしている方が髪も傷まずいいのですが・・・笑

ヘアデザインを楽しむ上では
色々するのもありだと思います!

因みに今回のヘアカラーではなく
ブリーチを使うもう一つのメリットは
ジアミン(化学染料)を使わないというのもあります。

祐実ちゃんは実はジアミンのアレルギーがあるので
ホイルワークで頭皮には直接つけないとはいえ
シャンプー台で流す時についてしまうし
アレルギーの人は何らかの反応をしてしまう場合があるので
使うのはNGなのです。

そんな場合にもブリーチによるハイライトは
おすすめできます。

以上ヘナ毛を明るくする方法をご紹介しました(^^)/

ヘナの事について分からない事などありましたら
是非ご相談下さい!

それではまた(^.^)/~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日ご紹介した祐実ちゃんもブログをやっています!
ヘナの事についても上手くまとめていますので
是非そちらもどうぞ!

  美容師YUMIのゆる~い日記