BLOG

白髪染めを天然ヘナ100%(ハナヘナ)ですると色はどうなるか

白髪染めとしての天然ヘナ100%は自然な茶色になります

こんにちは!YUMIです*

白髪染めとしてヘナをする場合、基本的には2回染めを(初めての時は特に)オススメしております。
人生初めてのヘナ!となると、髪の毛もヘナに慣れていないのか、色の出方が、薄く染まりやすいんですよね。

天然ヘナ100%(ハナヘナ)はナチュラルのオレンジと、インディゴのブルーで打ち消しあって色が茶色くなります。

アルカリカラーをされていたり、今後明るくしたいとかあると、ヘナで染めるとその後大変になってしまうケースもありますので、ご注意いただきたいです。

2回染めは、初めての方、白髪が多い方、しっかり染めたい時はオススメしてるんですけど、時間はかかってしまいます。。。

1回オレンジで染めて、時間おいて、流して、2回目インディゴで染めて、時間おいて、流して…なので、カットも含めると3時間半~4時間かかっちゃうこともあります。

髪の長さとかにもよるので少し個人差はありますが(*'ω'*)
ヘナで染めるようになって3回目くらいです。伸びた白髪の先が茶色くなってると思うんですけど、こんな感じになります。
少しほんのりと緑っぽくなってるんですけど、インディゴで緑っぽくなってます。
この色が数日かけて茶色くなっていくんですね。
巷にはいろいろなヘナがあって、どれ使ったらいいのかなーってなると思います。

色んなヘナがあるけど、品質管理がしっかりとされてなかったり、化学染料が入っていたりすると、とても体に負担がかかってしまうんですよね。

特に、病気やアレルギーとか持っていたりすると。

ヘナの中に化学染料が入っていて、お客様に使っちゃう美容室とかもあるから、アレルギーある方は、ちょっと注意が必要ですよね。。。

 

濡れてる髪ってダメージ受けやすいんです。実は。

髪の毛、肌にとって、良い状態っていうのは弱酸性なんですけど、水道水やシャワーのお湯やお水ってちょっと塩基寄りなんです。(アルカリ)

今アルカリって言わないみていですね。学生の妹にアルカリじゃなくて、塩基性だよって。PHも私が学生の頃は”ペーハー”って言ってたけど、今、”ピーエイ千”って呼び方も変わってるみたいですね。

これは妹に教えてもらいました(+_+)

なので、ただ濡れてる状態も髪に負担がかかってしまってるって言う事なんですよね。

Suuで使ってるDo-SシャンプーとトリートメントはPH6.5なので、弱酸性で、髪のPHを戻してあげるので、なるべくキューティクルに負担がかからない作りになってます。

髪も肌も、全てそうなんですけど、やっぱバランスが大事ですよね。

食物連鎖だって本当はバランスを自分たちで取ってるはずなのに、私達人間が崩してしまったところもあるし。


とにかく、濡れてる髪もダメージしやすいので、シャンプーしたら、すぐドライヤーで乾かすことが大事です♬
個人のブログもしてます*
美容師YUMIのゆる〜い日記